冬の北海道の探偵調査

北海道は半年は冬と言っても過言ではありません。10月~4月までは雪が降る季節です。

北海道の市街地の初雪は大体10月位となります。北海道の初雪で一番早いは大雪山で9月の半ば位に降る事が多いです。

12月になると根雪と言って、降ったら春まで解けない雪が降ります。雪が解ける気温まで上がらないからです。

 

北海道では日常では渋滞はおきないですが、雪が降ると市街地の幹線道路等では渋滞が発生します。住宅街でも雪によってすれ違いが出来なくなり交通が不便になり、追尾も高い技術と経験値が必要となります。

 

雪が積もると除雪され、路肩に雪を貯めていきます。道路は狭くなり、積上げられた雪で視界も非常に悪くなります。車両で張り込みをする場合では止める場所も少なくなり、視界も悪くなりやりづらい季節です。

因みにいくら雪が積もってもマンホールだけは温度の関係で露出します。その為、デコボコ道になってしまいマンホールの位置を素早く認識しないと激しい揺れやパンクを起こしてしまいます。

 

当たり前ですが寒いです。非常に寒いです。マイナス10度ともなれば皮膚が露出しているだけで痛くなります。我々はそれでも外で立って張り込みをしなければならない事もあるので、防寒には非常に気を遣っています。

寒いでは済まずに、凍傷等の重大な危険にさらされてしまいます。

 

余談ですが、私が調査している時に対象者が山間部の温泉に行った際に、満室で我々の部屋が取れずに、マイナス15度以下の中一晩外から張り込みをしなければならなくなりました。

雪が降っていたので、マフラーに雪が積もると一酸化炭素中毒の危険がある為、エンジンをかけっぱなしには出来ず、毛布に包まりながら張り込みをした事があります。

 

 

夜でも雪の反射により明るく道路が白い為、黒い服を着た人が歩いていると非常に目立ちます。我々も常に目立たずその場にあった服装を選びます。

 

また、足跡がつくので、対象者の自宅の状況の確認などをするときは足跡を消しながら歩かなければならない事もあります。

雪が降り続いていれば足跡もすぐ消えるのですが、雪が止んでいる状態では最新の注意で歩かなければなりません。

 

また、北海道の雪、特にニセコは雪質が良いと言われている為、道外や海外からもウインタースポーツを楽しみに来ます。ニセコに別荘を持つ人は外人も含め非常に多いです。

人探しの案件では道内の地方から札幌市、特にすすきのに集まってくる傾向が強いです。

 

関東と違い雪でも交通機関には影響は起こりにくく、電車も高速道路もよほどの事がなければ止まる事はありません。

路面に雪が積もっている状況でも100キロ以上のスピードを出して走る人がざらにいます。

運転技術と多くの経験がなければ雪道での追尾は成功しません。

 

降っている雪プラス、積もった雪が風で舞ったりするホワイトアウトという現象は視界が全く見えなくなります。その様な場合でも追突の恐れがある為、安易に車は止める事が出来ないです。追尾も非常に困難なものとなります。

 

因みに服装は北海道の人だからこれを着る等は殆どないです。その為、観光客との区別がつきやすいです。スキーウエアの様なアウターを着ていたり、雪で傘をさすような人は観光客や外国人です。

冬には雪まつり等のイベントもあり、外国人の観光客が増えます。特に中国人観光客は多いです。

 

北海道の人は雪が降っても傘をささないでフードを被ったりして対応し、靴も特に変わった靴ははきません。

 

探偵あるあるというより、北海道あるあるに寄り気味となってしまいましたが宜しくお願い致します。

新しく記述したところは赤で書かせて頂きました。宜しくお願いします。